DHA

アラキドン酸の豆知識

アラキドン酸は人間の体で作成される不飽和脂肪酸の種類なのですが、哺乳類には必須成分として知られている重要なものになっているのですが、この成分には驚かされる詳細が含まれているので、その内容を紹介します。
アラキドン酸についての驚く知識ですが、それは赤ちゃんが当たり前に飲んでいる母乳に沢山含まれている事で、実は赤ちゃんの頃から、自然とこの成分を体内に取り入れている形になっているのです。

まさか母乳にと思われる方がいると思うのですが、アラキドン酸は生体調整ホルモンを人間の体内で作成するために欠かせない成分で、この成分がないと十分な成長を赤ちゃんはする事が出来なくなるのです。
これが哺乳類に必須とされてる理由なのですが、もう産れた状態の時からこの魅力的な成分であるアラキドン酸をお母さんからもらうような形で体内に取り入れているので、産れた時からこの成分にお世話になっているのです。

子供に母乳を与えないと十分な成長が出来ないという背景には、このように生体調整ホルモンが作成する環境に必要不可欠なアラキドン酸が大きくかかわっている形になっているのです。
離乳食になると自分で牛肉や魚や卵やアラキドン酸サプリメントを摂取して対応できるのですが、産れたばかりの頃は、このようにお母さんからしっかりとアラキドン酸を受け取る形をとるようなメカニズムになっていたのです。

また、最近では母乳が上手く出ないというお母さんも中にはいるのですが、その場合には粉ミルクの中にこのアラキドン酸が含まれている物が多くなっており、この粉ミルクを与えることにより、十分な成長を赤ちゃんはする事が出来るのです。
アラキドン酸は私たちが産れた頃から体に取り入れている生きていく上では、欠かす事が出来ないしっかりした成分として産れた頃から体内に取り入れている魅力的な成分となっているのです。
赤ちゃんには欠かせない成分なので、大人にはなおさら欠かせない重要な成分となっているのです。

Copyright(C) 2013 体内の健康に欠かせない成分 All Rights Reserved.